Arrival: GRT Grand in Chennai

この記事は約3分で読めます。

1年ぶりに着いた、熱気とパワーにあふれる国、インド。
今回は一人旅だったこともあって、好きなだけ旅情に浸ることができました(笑)
飛行機は、通路側が便利だけど、自分は窓際が好きです。窓側でとってもらいました。

Changi-Chennaiは、Boeing 777-300型でした。
今回は席のブッキングもなくエコノミークラスでガマンしたんですが(笑)、金曜の便はすいてますね。
日本~シンガポールも、シンガポール~インドも、3人がけの席で真ん中の席に人がいなくて、広々としてました。
ちなみに横のインド人、ウイスキー飲みまくってたけど、そんなインド人もいるんだなあ。びっくり。
酒飲む人自体少ないのに。とくに南インドではほとんど酒飲む人がいません。

機内では「イーオンフラックス」、「ハリーポッター:炎のゴブレット」、「チキン・リトル(一部)」を観ました。
KrisWorldっていうシステムで映画とかゲームとか楽しめるんだけど、字幕は中国語です。
なぜかハリポタだけは日本語吹き替えのチャンネルがあった。でも吹き替えってどうしてあんなにクサいんでしょうねえ。
とても観ていられません。
イーオンフラックスは、ジャスコで大々的にバナー出してるけど、やっぱAEONだから?
内容は、ジャスコと全然関係ありませんでした(当たり前か)

機内食は、万が一の長期滞在に備えて、Internationalをたべておきました。(Indianと選べる)
ごはんの時間になると機内が凄くインドくさくなる。
香水がすごくきつい人もいるしね。
でも、インド航空だともっと大変らしい。
シンガポール航空は、ほんとにいい航空会社です。
スチュワードの誠実そうな感じもいいし、スチュワーデスの民族衣装もいいです。
で、素人目だから怪しいかもしれないけど、飛行機の操縦レベルが高いです。安心感あります。
毎回でてくる熱いおしぼりもいいw

チェンナイに到着すると、相変わらずさびれた感じのImmigration。巨大扇風機がレトロで好き。
いつもImmigrationで凄く待たされるので、気合を入れて早足でいったら、外国人用の列はガラガラでした。
3分ほどで完了。うーん、金曜だから?

外に出ると、スーパースターのお出迎えのような人の山。このへんは相変わらずです。
今回はお客さんと同じホテルってことで、グレードの高いホテルなんですが、お迎えの運転手もきれいな制帽かぶってて、車も新車でした。
でも運転は、ICD(インディアンクレイジードライブ)です。
いま作った言葉だから、知ったかぶりして使わないようにw
安全性を考えると、富士急ハイランドより怖いといっても過言ではないICD。
車線変更しまくり、クラクションならしまくり、ハイビームちかちかさせて追い越しまくり、車幅ぎりぎりの隙間を抜けまくり。
英国植民地時代のせいで、日本と同じ左側通行ですが、片道3車線の車道の右側を(つまり中央線付近を)自転車が走っていたり、3人乗りのバイクが走っていたり、オートリキシャーもたくさんいるし。
インドまだ2回目なのに、「あー帰ってきたー」って気分になってしまった。
これでも年々道路事情もよくなり、運転マナーもよくなってるのです。

KIF_6801.JPG

とてもきれいなホテルです。
LANもPCもある部屋なので、便利ですね。(先進国では普通のことだけど)
テレビの画質も申し分ないし、バスタブつきのシャワーだし、インドのトイレで定番のバケツと柄杓のかわりに、きれいなお尻洗浄用シャワーがついている。
ロビーでは無線LANがつかえる。
外国人用だなここは。

春休みシーズンのせいか、週初めのチケットが全然とれなくて金曜日に到着してしまった。
というわけでいきなり週末です。
明日はカーンチプラムに行ってきます。楽しみ。
来週から仕事がバリバリ忙しそうなので、戦闘前の休息、といったところでしょうか。

コメント

  1. ママ より:

    映画見られてよかった(*´・д)(д・`*)ネー
    イーオンなんとか、たのしかったー?

  2. uzra より:

    イーオンなんとか、とばしとばしで見てたけど、ちょっと楽しげだったよー。日本語でみよう(*´・д)(д・`*)ネー

タイトルとURLをコピーしました