蔵書更新

すっかり忘れてた、久々の更新。

しかし情報過多のこの時代、いかに情報を得るかではなくて、いかに情報を捨てるかが重要ですね。
読書ひとつにしても、最初のページから最後のページまで読まなくてもいい、ピックアップして拾い読みしなさいと薦める人も少なくない。

自分にそれができるのかどうか疑問。
全部読まないとすっきりしないんだよなあ。
つまらなかったら、途中放棄するけど。
拾い読みって、参考書くらいしかやらないんだよね。
こんなこと言ってる時点で、時代に取り残されてるのかな。

というわけで、解決策としては速読をマスターするのがいいと思ったのでした。

1時間で1冊、いや2時間でもいい。
たくさん読めたら幸せだろうなぁ。

 

 

Hiro Hayashi

2件のフィードバック

  1. 俺ゃ本は速く読む必要はないと思うけどなぁ。

    俺の場合、量読んだからって何か得るものがあるわけじゃないし。

  2. まあ自分もそう思ってたんだけどね。
    速読できる人に言わせると、
    速く読めるようになったからといって、情緒が失われるわけじゃないから、得だよ、だそうです。
    仕事関連の本なんかは、速く読めるとうれしいかも。

Leave your comment