ダウンサイジング

大黒柱が職を失ってしまったため、贅沢できない状況にある我が家ですが、以前からひとつ、どうにかしたいことがありました。

それは、自家用車のダウンサイジングです。

2008年の8月から乗っている我が家の自家用車、トヨタのVOXYですが、こいつは8人も乗れる3ナンバーのミニバンで、荷物もたっぷり載る優れもの。おかげで、夫婦の自転車2台を乗せて遠方にサイクリングに行ったり、IKEAで購入した家具をそのままお持ち帰りしたりと、活躍してきました。

しかし、よくよく考えてみると、3列目のシートなんてほとんど使ったことがない。この4年弱の間に、数える程しかない。また、荷室の広さを活用したことも、ほとんどない。

大は小を兼ねるとはいいますが、問題は車の大きさではなく、燃費です。

JC08モードで13.6km/L、10・15モードで14.4km/Lというのがカタログスペックですが、実際にはその半分くらい。
ECOマークを気にして、後続車の煽りを気にしないタフな心臓で走って、やっとリッター10キロ行くかいかないかです。特に無茶な加速などしなくても、だいたい平均でリッター7キロ前後。

二人暮らしで、こんなデカい車、いらないかなと。
我が家には犬が4頭いるけれど、昔のように車中泊でドライブとかしなくなっちゃったし、みんな小型犬だから運ぶだけならこんな広さはいらないかなと。

そういうわけで、ダウンサイズすることに決めました。

次の自家用車の候補は、小さいサイズということで、ヴィッツ、アクア、IQあたりを想定してました。
トヨタの担当営業さんとは、ファンカーゴの頃から10年越しで世話になっていて、当時はトヨタ嫌いだったんですが、今や何か本当に欲しい車種でも無い限り、トヨタから脱することはないだろうなというのが我が家の現状です。当時は平社員だったその営業さんも、いまや部長になりました。

そんでもって、密かに狙っていたのが「マニュアル車」です。
やはりマニュアル車は至高。運転している感がオートマとは比べものにならない。

そういうわけで、僕の第一候補は、「ヴィッツRS」。Toyota jp ヴィッツ | エクステリア | ボディカラー 1

キビキビ走り、マニュアルシフト。燃費だってVOXYより全然いい。

でも、エコカー減税の対象外だとか、今更マニュアルには乗りたくないという相方の強い意見によって、断念。

IQは小さすぎてちょっと対象外。

残るは、RSではない普通のヴィッツか、アクアになりました。
だったらアクアのほうが燃費もいいじゃんということで、アクアに決定。
(オートマのヴィッツに乗るくらいなら、アクアで手を売ったほうがいいかなと……)

Toyota jp アクア | エクステリア | 3Dシミュレーション TCV 16

VOXYは下取に出すことになりました。

問題はアクアが現在大人気で、納車が5月から6月くらいになりそうだということ。

トヨタでは、138万円の下取価格が出たんだけど、納車時期がいつになっても、この値段で買ってくれるとのこと。

しかし別の買取会社に見積もってもらったら、次の車の納車まで、無料で代車を付けてもらった上で、145万5千円の買取価格が出ました。

ならば今すぐ売ってしまってもいいなと。
さらに今年度中に売ってしまえば、4月に自動車税(39,950円)を支払わなくて済むからさらにお得。

というわけで急遽売買契約を結んで、本日、VOXYをドナドナしてきました。

▼駐車場ぎりぎり一杯のVOXY。色はパールホワイト。

IMG 8280

▼距離はまだ25,000キロ弱です。

DSC04645

▼グレードはZなのでエアロもHIDヘッドライトも標準です。

DSC04648

▼フォグもついてるよ。

DSC04652

▼センターパネルとエアコン吹出口はディーラーオプションでブラックに変更済。VOXYのエアコンは、このクラスにしては珍しく、左右独立で温度設定できます。ナビはトヨタ純正(ディーラーオプション)、バックモニター付き。

DSC04619

▼キーレスエントリーと、ディーラーオプションのフットランプ(青)

DSC04663

購入以来、一度もシートカバーを外したことがないんだけど(そのため本来のシートが何色なのか知らないw)、そのおかげでシートの汚れや摩耗が皆無。査定に大きくプラスだったようです。万が一売る時のことを考えてボディ色をパールホワイトにしたのも良かった。VOXYの最上位グレードとこのグレードには白・黒・紫しか無いんだけど、紫は人気がないので買い叩かれるそうです。

で、ドナドナしたVOXYの代わりにやってきたのが、同じトヨタの「パッソ」。

電話で「パッソになりました」とは聞いていたけど、実際にやってきたのは、先代パッソのスポーツモデル、「パッソ Racy TRD スポーツM」でした。

12万5千キロも走ってるのに元気。日本車ってすごいですね。

▼こんなかんじ。ガソリン補給中。

DSC04672

▼かなり車高が低。太いマフラー(マフラーカッターではない)

IMG 8351

▼インパネ。変なところにタコメーターがついてる。

IMG 8353

▼駐車場に入れたら、前がスカスカw

DSC04682

VOXYの場合

IMG 8326

パッソ、足回りもかなりシッカリ固めてあるし、車が軽いから気持よく加速するしブレーキも効くし、日本の公道にちょうどいい具合の馬力だし、コンパクトスポーツいいなぁ、やっぱヴィッツRSとかスイフトスポーツとか乗りたいなー、なんて思ってしまいました。

アクアもけっこう足回り締まっててスポーティだって聞きますが。
心臓がアトキンソンサイクルにCVTでモーターアシストっていうのがもう、スポーツしていないので……。見た目は好きなんですけどね。

そういうわけで、どこかで間違えてウチにやってきてしまったVOXYは、ドナドナされていったのでした。
次、いいオーナーさんに巡り合えるといいね。

Hiro Hayashi

3件のフィードバック

  1. ハイブリッドとか電気自動車って、バッテリーの寿命とかそのときにかかる値段とかはどうなの?

    それによっては燃費がよくても、コストはガソリン車の低燃費なやつの方がよさそうだけど。

    エコは別として。

  2. >ちゃぼ

    いろいろ調べたんだけどね、寿命はよくわかんないんだよね。
    まだそんなに古い車が無いからだと思う。一応、5年/10万キロの保証はついてるみたい。
    初代プリウスが出てから10年経ったけど、まだ交換した話はネットでは聞かないな。
    交換するにはプリウスで12万円くらいらしいので、アクアだとバッテリーが小さいのでもう少し安いのかな。

    でも実際のところ、アクアってヴィッツと殆ど同じサイズなのに割高だし、トータルコスト考えたらヴィッツとか他社のコンパクトカーにするのもありなんだよね。

    アクアは人気がありすぎて納車は春から夏になりそうだっていうし、キャンセルは車の登録前ならできるらしいので、ちょっと悩んでる。

  3. プリウスで12万くらいなのかー。

    電動のフォークリフトのバッテリー交換とか何十万もかかるって聞いたから、もっと高いのかと思ってた。

Leave your comment