決断のとき

活動してきて見えてきた。
本気じゃない人を本気にするのは不可能。
そして頼る気満々の人を助けるつもりはまったくない。

自立する気がある人しか本気で助けようとは思えない。
まず、自分で自分のことをなんとかできることになるのが、最初の必須条件だ。
金とか配偶者とか子供とかシステムとか法とかいろんなものに現代日本人は守られている。
それに頼る気満々の人には用がないということに気付かされた。

見切ることも必要なのだ。
全関係性の整理をする。
そうしないと、自分の軸が歪む。
当然のことながら、自分から切ることはしない。ただ、こちらから積極的に何かを働きかけることはもうしない。
本当に志が同じならば、その人は近づいてきてくれるはずだ。

コメントを残す