苦しさの果てに

酸いも甘いも経験しまくってきたという驕り。
そんな自分に与えられた試練。

苦しくて、苦しくて、いっそのこと誰か僕を殺して楽にしてくれと叫びたかった。
重い体を引きずるようにして、info.caffeに立つ。
まさに、這うように進むしかなかった。

胸が苦しい。こんなに辛いのは流石に初めてだ。そんな気持ちになる。
神がいるのならば、なぜ僕にこんな試練を与えるのだろうか。
その問いの答えは知ってる。これは、自分が選択した道だ。
誰のせいにすることもできない。
僕は自分の芯を曲げるくらいなら死を選ぶ。
だからこそ、苦しくても前に進む。
僕は弱いから、泣き言は吐く。見苦しい自分をどうすることもできない。
それでも前に進む。

いろいろあって、今日はその苦しみが最高潮に達していた。
この苦しさから逃げるためには死ぬしかない。
逃げられない。

それでも同居人Fに支えられて店に立って、
なんとか店をオープンさせた。
米を炊いて、シチューの仕込みをはじめた。

するとしばらくして、常連のGくんが来店して、シチューを注文してくれた。
Gくんはまだ20代前半の、めちゃめちゃ頭もいいしハートもある若者だ。
僕はシチューをかき混ぜながら、Gくんにも支えてもらった。

「だ…大地よ 海よ そして生きているすべての みんな……
このオラに ほんのちょっとずつだけ 元気をわけてくれ…!!!」

ドラゴンボールの、悟空のセリフが頭に浮かんだ。
最近これが、何度も頭に浮かぶ。
まさに僕は、満身創痍の悟空と自分を重ね合わせている。
みんなが分けてくれるほんのちょっとずつの元気で、なんとか生きている。
みんなありがとう。

お客さんの笑顔に支えられ、仲間の想いに触れて感動し、
この自分というちっぽけな存在が、なにか逆らい難いエネルギーの奔流のようなものに後押しされながら、向かう先がある。

たどり着く場所はわかってる。
そこに向かう道が、とてつもなく険しい。
「険しい」と口で言うのはとても簡単なことだ。
実際には、筆舌に尽くしがたい様々なイベントがあり、傷つきながらも予定通りの航路を、なんとか沈没せずに進んでいる。

さっきまでは、この記事を書く気力も残ってなかった。

いろんな事実が、僕が向かっている方向が正しいと示してくれている。
その示された事実を信じられるという想いと、それを否定しようとする現在のリアルな苦しみが、心の中で葛藤する。

そうだ。僕はこうして成長しているに違いない。
頭ではわかってる。
ただ、ここまで辛いものだとは思わなかった。

どうしてこんなに辛いのかというと、
目指しているものの高みのためだ。

まずは食という世界から、人の主体性を肯定するコミュニティを実現する。
好きなことをやって生きることに対する夢を失わせてはいけない。
夢がなければ人類に未来はない。
僕は極論で物事を考える。
僕は極論で物事の本質を見極める。

……この、極論で考えるという言葉をくれたのは、これまた20代のMちゃんだ。

この記事を中西さんが共有してくれた。
僕は好きな曲を爆音で聴きながら、みんなの想いに触れて、胸からこみ上げるものを感じた。

苦しいときには、なぜか涙は出ない。
人の熱い想いに触れたとき、感極まって涙が出る。

それは僕のエネルギー源となり、また立ち上がる勇気を分けてくれる。
僕は、人の想いで生きてる。

コメントを残す