幼年期の終り

「人類は、望みとあらば好きなだけ殺し合うがいい」

「それは人類と人類自身との法律とのあいだの問題だ。しかしもし人間が、食用かあるいは自衛以外の目的で、人間と世界を分かち合っている動物を殺した場合は――そのときは人間はわたしに対して責任を負うのだ」

Arthur C. Clerke, Childhood’s End, 1953

コメントを残す