新しい職場・現在までの流れ

  • 2019年12月上旬
    • 某社業務の契約条件の変更により生計が成り立たなくなる見込みになる
    • 契約延長の問い合わせを受け、継続を断念。自ら契約終了を選択。
    • S社長、同社退職し起業の報を受ける
  • 12月11日
    • ヘッドハンターより電話を受け、Q3業務と平行してテンポラリの仕事をして生活費を稼ぐのもよいと思い、時間に自由がきき、結果で評価してもらえる仕事があるなら検討したいと返事
    • 同じ会社の別のエージェントから連絡を受ける。マレーシアのセキュリティ起業が興味を持ってくれていると聞き、話だけでも聞いてみてもいいかと思い、レジュメ送付を承認
  • 12月23日
    • 同社より面接の打診
  • 12月24日
    • 面接決定
  • 12月30日
    • Skypeでマレーシアと面接
  • 2020年1月8日
    • 日本オフィスで2次面接し、意気投合
    • フルタイムで働き、Q3業務は週末に進める覚悟をする
  • 1月10日
    • 3次面接という名の、3時間にわたる雑談
  • 1月28日
    • 本社承認を経て、正式オファー
  • 1月29日
    • オファーにサインし、正式採用決定
  • 2月3日
    • 入社・勤務開始
    • 日本のビジネス現状把握
    • 製品ラインナップ把握
  • 2月4日
    • 某既存案件(1)のビジネス課題解決に着手
  • 2月5日
    • 新規ビジネス(A)提案
    • 既存案件(1)のソリューション設計
    • 新規ビジネス(A)を繋ぐ可能性のあるR社を紹介
  • 2月6日
    • 新規ビジネス(A)R社を訪問
    • 新規ビジネス(A)提案資料作成
    • 既存案件(1)の課題ソリューション完成および社内承認
  • 2月7日
    • 新規ビジネス(A)キックオフ
    • オフィスにQ3の共同経営者を呼び、紹介
  • 2月11日
    • 既存案件(1)の課題解決のため、マレーシア本社出張決定
    • 新規ビジネス(B)発案
  • 2月12日
    • 既存案件(1)ソリューション説明会および社内作戦会議
  • 2月13日
    • 既存案件(1)の顧客に対する新規ビジネス(C)提案
    • 既存案件(1)の顧客訪問し、ソリューション提案および顧客承認
  • 2月14日
    • 新規ビジネス(D)発案、提案書提出
    • 本社出張のための準備
  • 2月16日〜20日 マレーシア出張予定

ポイント

  • 2次面接の決め手は、本ブログだった。ブログを読んで会ってみたくなったとのこと。
  • 自由に仕事をさせてもらえるため、1日も無駄にすることなく物事がスムースに進んでいる