Category: 日々記録

2003年前半のサマリー

2003年4月中盤 人生の分岐点というものは、突如やってくる。 ――予告付きの分岐点なんて、分岐点と呼べるかどうか、それは置いといて―― 「分岐点」なんて言葉をそのまま読むと、将来進む道に複数の選択肢があるように見えてしまうが、今回の分岐点は、その点難しかったと言える。2年半勤務した会社を去ることに...

無邪気だったあの頃

あれから幾多の苦い人生経験をしてきた。それは招かれざるものではあったが、決して避けられぬものだったわけではない。自分の弱点を誤認識していたことや、弱点を認められなかったこと、弱点に立ち向かう勇気が無かったこと、そして弱点を否定して生きてきたこと。自分のなかの矛盾が生活の崩壊をもたらし、精神を蝕む一歩...