公開記事

公開記事

体力がすべての源

知力も想像力も、全て体力の上に形作られる。体力なくして全ては砂上の楼閣。
公開記事

富士登頂 2021

山や海は、日々の生活で溜まった雑念をリセットしてくれる。 自分の足が足元の砂利や土を踏みしめる音と、呼吸音。それ以外は無音の世界。ただ黙々と、次に掴む岩や足を置く場所を見極め、背中に載った荷物を含めた自分の体重を上にあげるバランスを...
公開記事

自分をよく見て。

いちばん助けて欲しいのは、自分なのかもね。 1月に組織を追い出され、信頼していた人から裏切られた経験は、それなりに僕を傷つけたということか。 傷つけられたときの記憶は、僕にとって原動力となっている。決して間違ったことをしている...
公開記事

空間

夜の秋雨にひんやりと涼められた風が頬を撫でる。使い古された木のぬくもり。白熱灯の橙色のあかりが手の届く範囲をやさしく照らす。HomePodがアンビエントを流す。全ての仕事道具が詰まったMacBookと、ノートと鉛筆。 この新旧のコン...
公開記事

新型コロナワクチンについて(3)

前回までに紹介した要点は大きく2点ある。ひとつは「パンデミックに対する政府・行政が通常とるであろう行動原理に則らない行動」に対する疑念があること。もうひとつは「ワクチン接種に対する政府・行政の行動が経済的観点においても責任担保の観点におい...
公開記事

エリート幻想

この記事読んで感想。 本物のエリートは教室の一番前の席で授業にかじりついている人ではなく、教室全体を見渡して誰も置いていかないためにアイデアと行動を尽くす人のことだ。 本日はMさんと心の繋がる会話ができた。向かっている...
公開記事

ジレンマ

世の中の最も暗く見えるところ。深すぎる闇は、指摘するとオカルト扱いされがちなのだ。しかし勇気を持って発信しなければ打開はできない。ジレンマ。 指摘する以外のもっと適した手段についてよく考える。 いっそこのまま放置して逃げ出した...
公開記事

富士登山について

9/10に富士登山するのです。ご来光を拝んで参ります。 心臓は大丈夫かとか、新型コロナのこの時期に行って大丈夫かとか、少なからぬ皆様にご心配をいただいております。でも心配は御無用です。 時を重ね、カッコよく言えば「わたしの使命...
公開記事

まんなか

受け入れてるかどうかが問題ではない。言葉で伝え、伝えた通りの実践をする。己の言ってることとやってることが違うならば、自分に嘘ついてるってことや。よくよく自分の言葉と行動を振り返ってみたらいい。 それからな、言ってることとやってること...
公開記事

新型コロナワクチンについて(2)

わたしはワクチンについて賛成・反対はそれぞれが決めればいいと思っていますが、ワクチンの副反応による死亡に関して気になる点がありましたのでそれについて投稿いたします。 厚生労働省のサイトで公開されている「新型コロナワクチン接種後の死亡...
公開記事

【社会見学ツアー by キューブカフェ荒川】実現について

村上龍著「13歳のハローワーク」は2003年に出版された、でっかい図鑑のような職業辞典だ。子どもたちが職業を識るきっかけになる良書だと思う。しかし一方でこの本は、各職業の社会的つながりを把握するためには興味のない職業の項目も読み込んでいく...
公開記事

「苦海浄土」の交感、言の葉

不知火海における漁の鮮烈な描写。なぜここまで、まっすぐと心の中に描けるのだろうか。美しくない状況のなかにある、美しさがみえる。これは悲劇を訴える物語には見えない。人が為すべきことを為すのは、あたりまえのことなのだ。その先にあるもの。感性と...
タイトルとURLをコピーしました