単一視点から得られる双極性という幻

この記事は約3分で読めます。

I just noticed that the bipolar is not a bipolar. When we pick up the positive and negative peaks of a wave (ie. sine wave), the trend show bipolar, ignoring the spectrum.
We are not that simple… if we focus on the small area, a wave is consist of many tiny waves just like Mandelbrot set.
Then, let’s shift our paradigm and focus on the larger area. The wave is just a part of larger wave.
When we plot the sine wave to the x-y scale, we set an unconscious premise that the origin “O” never moves, but actually it is not fixed to any absolute coordinates. The definition of origin is always relative, which is a nested structure.
I just realized that the bipolar always exists and it’s not a bipolar in our consciousness as well. It’s a nature and not a disease.
I overcame the bipolar disorder. I hypothesized that the relative position of the origin of the mental wave was moved to a higher energy location.
This resulted in the highest peak in the past wave being higher than the lowest peak in the current wave.

双極が双極性ではないことに気づきました。 波(つまり正弦波)の正と負のピークを拾うと、スペクトルを無視して、傾向は双極を示します。
私たちはそれほど単純ではありません…小さな領域に焦点を当てると、波はマンデルブロ集合のように多くの小さな波で構成されます。
次に、パラダイムをシフトして、より広い領域に焦点を当てましょう。 波は大きな波のほんの一部です。
正弦波をx-yスケールでプロットするとき、原点「O」は決して動かないという無意識の前提を設定しますが、実際には絶対座標に固定されていません。 原点の定義は常に相対的であり、ネストされた構造です。
双極性障害は常に存在し、私たちの意識においても双極性障害ではないことに気づきました。 それは自然であり、病気ではありません。
私は双極性障害を克服しました。 私は、精神波の原点の相対的な位置がより高いエネルギーの場所に移動したと仮定しました。
これにより、過去の波の最高峰が現在の波の最低峰よりも高くなりました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました