続き

川の流れのように変わって行く人と人の関係性。そんな中で決して切れない関係だけが必然として残っていく。

永遠など存在しないと認め、求めることの不条理を受け入れ、全て解放した時にこそ、砂漠に咲く一輪の花のように、美しいものを見つける。

そんなことを繰り返してきたからこそ、僕はいま心から通じ合える人たちとの相互理解の中で生きている。

深い理解には、説明など要らない。

たとえ場を共にしていなくても、繋がり合える関係性。それは1つである必要すらないのだ。

これこそが、現代人が無意識に失ってしまい、無意識に求めているものの状態ではなかろうか。

残念ながらこれは金でも知恵でも手に入らない。

しかしだからこそ、誰にでも手に入れるチャンスは与えられているものだ。

Hiro Hayashi

Leave your comment