退院

今日は退院。心臓よ、我が身よ。よく耐え抜いた。ありがとう! 心筋梗塞 前壁梗塞 前壁梗塞は、前壁中隔(心室と心房の間)梗塞、前壁梗塞、前壁側壁梗塞と梗塞部位により詳しく分けられることができるが、これらを支配する血管は、心臓の前壁を走行する左前下行枝(LAD)であり、LADが閉塞すると、前壁梗塞が起こる。15区画では#6~10にあたるところ。 (※前壁側壁梗塞になると、回旋枝も関係してくる) 前壁梗...

READ MORE 退院

好奇心を満たす至上の喜び

思考に配慮しなさい。そう教わった時にわかっていなかったこと。思考は他者にも己にも影響する。清々しく生きよう。 明日退院できたら、外の空気を吸いながら、生き延びたことを全身で感じてやるんだ。 心臓の一拍一拍が無事である事で、今という繋がりが延長している。当然この先には何かがあるのだ。そこに関わる流れに乗る自分を観察するだけ。理解しようとしなくても良い。 自分ばかり見つめたり特定の誰かだけを追いかけた...

READ MORE 好奇心を満たす至上の喜び

イノベーションはリスクを追うこと

場というものは『なんだかよくわからないけど、あそこでは常に何かが起きてる』をプロデュースすることだと思うんです。何かを起こし続けられるのは、才能。努力では超えられない壁。 誰もが追いつけないくらいのイノベーション。それを追いかけたい人が集まる。それが、ラボ。 継続や維持に執着したら、守りの土壌ができ、集まる人もその波動に引き寄せられる。イノベーションを愛する人だけをふるいに引っ掛けるには、守りの経...

READ MORE イノベーションはリスクを追うこと

The Yin & Yang

僕は変だ。 自分のことを変だと言う人はたくさんいるけど。僕は変だ。 変な力を持ってる。 そして、本物のtwin flameと出会った数少ない幸せ者でもある。 出会ったことは幸せだと思うけど、それは僕の探究心とか人生観とかを全て加味した上で思うことでもあり、全ての苦しみや試練を乗り越えてなお感じる、100%自己満足的なものでしかない。 なんでも分かち合えると思ってたら、何も分かち合えないのだ。 孤独...

READ MORE The Yin & Yang

Alpha and Omega

かくして、心に残ったものは 何も映し出さないひとつの純粋な透明。 炎は他者の夢であった。 深い森と思わしき闇の先には何もない。 遠き輝きは全てわたしが関わるべきものではなかった。 欲というものが、よくわからなくなる。 引力のような、磁力のような 惹きつけるもの。 それを愛と呼ぶのであれば わたしはそれを与えると思い込んで得てきたのか 求めることで与えてきたのか。 輝く光の元にわたしの輪郭がある。 ...

READ MORE Alpha and Omega

Recognition

Switch you and I. Whatever I feel is exactly how you feel. “Understanding” “Knowing” are the keywords. You want somebody who understands you, who know how you think and how you...

READ MORE Recognition

いろいろ

病院の大部屋で、会話に参加する気になれない。 本院にいた時はもう少し明るかった。今は、話をするだけでも疲れるし、明らかに疲れる相手と仲良くする義理もない。 研修医に『昨日はうるさくしてすみませんでした』と話しかけられた。一瞬『ん?なんのこと?』って思って、ああ、僕のお隣のベッドのおじさんのことだねってわかった。 この大部屋のおじさんたちは基本的に自己中である。まず、窓際のよく喋る丁寧で腰の低いおじ...

READ MORE いろいろ

組織の腐敗病理

組織運営におけるキャッシュフローをあまりテクニカルに走りすぎると痛い目を見る。自作の篩にかけずして上流から流れ来る水の量に頼れば、それだけ組織としての力が削がれている。 ステークホルダーの利害関係は組織単位で図式化できるものとそうでないものがある。組織の方向性イコール組織構成員全員の方向性ではない。まさにその部分こそ着目すべきで、組織が掲げる理想論と組織構成員が感じている現実をもとにした明示化され...

READ MORE 組織の腐敗病理

Vital

6月に入り、病棟を移った。 心臓は思った通りというか思いの外というか、生活上かかる軽い負荷にも音を上げる。食事を始めると胃が動きだして疲れる。視界がチカチカする。歩きすぎても同じ。検査や心臓リハビリの後も。 転倒の危険があるということで、いったん出た院内歩行許可が取り下げ。車椅子。 運動処方(CPX)検査の結果、ピーク時の酸素摂取量が15.1ml/kg/minで、20は欲しいですねとのこと。 運動...

READ MORE Vital

Children of the Stars

何も特別には見えなかった初夏の日、兆しは視覚化した。 My role may be end in this universe. The judgement day cannot be chosen by human by the way. 紺空に輝く色とりどりの星たちよ。 Thank goodness. Definitely a great opportunity for you. 失うと言う幻想...

READ MORE Children of the Stars

毎日のごはん

ご飯は、誰のために作るのか。 突き詰めるとそれは、自分のため。自分の肉体を維持するため。それが直接よろこびになるように出来ている。自分で責任を取れるのは、自分の身体だけ。 世の中の事業家に問いたい。 自分自身が毎日健康的な生き方、できてるか。できてない人間に、健康を語る資格ない。僕にもなかった。 自分の体すらよろこびに満たせなくて、どうして他人にそんなもの提供できようか。 規則正しい生活。朝起きて...

READ MORE 毎日のごはん

本当にやりたいこと

昨日、吉川さんがお見舞いに来てくれた。 とても嬉しかった。 最後に「これからの生き方」の話になった時に、「もう他人に認められるような話じゃなくて、利己的に、自分が本当に何をしたいか」と言うお話をいただいた。 その時は、「そうだな……全くその通りだ」って思ったんだけども、おかえりになった後によくよく振り返ってみると、僕は今まで人に認めてもらうとかそんなことのために活動してない。その証拠に、今みたいな...

READ MORE 本当にやりたいこと

残された時間

残された時間がどれくらいなのかわからないという点において、僕はあなたと同条件である。 確率の話をしても仕方がない。なぜなら人の命は一度きり。何度もサイコロを振り直せないのだ。吉と出るか凶と出るか一発勝負だ。 ここで僕が多くの皆さんよりも一歩抜きん出てアドバンテージを握っていることをお伝えしておこう。 それは、僕が命の残り時間を感じられていることだ。あなたは感じているか? フルパワーを懸けられるのは...

READ MORE 残された時間

Bye Bye, Facebook!

I see you in pictures and videos, but it’s far from the excitement that I actually meet you.たとえ写真は動画であなたを見ても、実際にあなたに会う感動には遠く及ばない。 My passion to you is spoiled whenever I satisfy myself by seeing...

READ MORE Bye Bye, Facebook!

働く誇りと自由

看護師さん、ヘルパーさん、薬剤師さん、療法士さん、技師さん、事務員さん、配膳の方、ベッドのシーツを替える方、掃除の方、洗濯の方、……。ここではお医者さん以外にたくさんの人たちが献身的な心持ちで仕事をしてる。救急で運ばれるところから今まで、いったい何人の方に直接助けてもらっただろう。裏で支えてくれている顔を見てない方も含めたら大変な数だ。 「世の中のものはほとんど金で買える」なんて発言する人がいなく...

READ MORE 働く誇りと自由

Job

Don’t find a job.仕事を見つけてはいけない。 Invent a new job.仕事を発明すること。 Invent a job only to make someone happy.誰かを幸せにするためだけの仕事を発明すること。 If you recognize somebody already invented the same job, decide if you ...

READ MORE Job

リハビリ

今日はかなり疲労。20-40-20Wのリハビリ後、血圧低下。体温も低下。 リハビリで友達ができた。 毎日のように誰かしらがお見舞いに来てくれて嬉しい。

READ MORE リハビリ

経過

昨日はABI、心電図、胸部X線の検査と、初めての心臓リハビリ。自転車を10W(5分)→30W(20分)→10W(5分)。前後の体操もあり。 今朝は朝から検査だらけ。視力検査、眼圧検査、瞳孔を開いての眼底撮影。糖尿病内科の先生とお話をして、通院だとインシュリンが1年半くらい継続することになっちゃうので、循環器内科を退院できるようになったらそのまま転科入院の運び。 眼底の動脈に残された跡から、過去に血...

READ MORE 経過