幸せの選択

隣町の商店街までちょっと出かけて、ずっと行ってみたいなと思ってたカフェを訪問。

名物のスパゲティグラタン、美味しい。

食後のブレンドコーヒーも、美味しい。

運を天に任せ、今日の幸せを受け入れる。

明日のことなんて誰にもわからないんだ。

店員さんやお客さんの穏やかな表情を見て、いい店だってすぐわかる。1986年からやってるんだそうだ。

人は不安定を感じると明日を案じる。僕もそうだ。

でもそういう時は深呼吸して、イヤなものは全部吐き出してしまおう。

いつかまた、喫茶店を経営したい。日本じゃなくてもいいかな。日本でも一つあるといいな。

そこには常連さんがたくさんいて、たまに飛び込んできたお客さんのうち何人かは常連になっていく。

それが可能であることは、info.caffeをやってみてわかった。

たった半年間のカフェだったけど、今数えてみたら30人以上の常連客がいた。

みんな今頃どうしてるだろう。

一期一会。

カフェが食堂になってから、当然ながらみんな来なくなっちゃった。

あの頃毎日のようにあった、温かい出会いを忘れられない。

どんなに文字や言葉でやりとりをしても伝えられない何かが、一杯のコーヒーと、ひとつの空間だけで実現できる。

僕はカフェが大好きだ。

好きなお店もたくさんある。

けれど僕にとって理想のカフェは、いくら探し歩いても見つからないのだ。

カフェはそれぞれのお店に、他にはない魅力がある。

多様性を感じる素晴らしい場だと思う。

この地球にひとつくらい、僕が僕らしさを表現したお店があってもいいじゃないか。

暇な時はそこで好きなことをする。