孤独を受け入れろ

孤独にならなければ真の闘いはできない。

同調や肯定を他者に求めてはならない。

ただし他者の否定や意見は心で聴け。

遅すぎると思った時が最高のチャンスだ。

孤独で悩み抜けることは力になる。

逃げずに向き合うのが一番難しいのが己である。

雑音のない孤独に喜びを感じるか恐怖を感じるか。

これは変えようのないことであり、己の分岐点である。