自分の価値観を通すということ

他人と比較しないと自分を評価できないのって、なんか寂しいですよね。

会社勤めしてた頃。

フレックス制度があろうがなかろうが、
行きたい時間に会社に行って、帰りたい時間に帰る。
午後3時でも堂々と帰りますよ。
「具合でも悪いの?」と聞かれたら
「いや、今日は仕事がノらないんで帰って寝ます」と、堂々と答える。
社長が相手でも。

遅刻も堂々とする。
「なんで遅刻したの」と聞かれたら
「なんでそんなこと聞くんですか?」と答える。
オフィスでやることがあるときは、朝の7時から会社に来ることもあるよ。徹夜だって必要なときはしょっちゅう自分の判断でしたよ。そりゃ若かったし、仕事の効率が悪かったし無知なバカだったから、100%自分が招いてしまった徹夜だ。

お昼休みを勝手に数時間とる。
「あれ?どうしたの?」と聞かれたら
「会社の近くにサーカスが来てたんで、見てきました」と、正直に答える。

さっさとお昼食べて仕事に戻りたいときや、お腹が空いてない日は昼休憩しないで仕事してるけどね?

それでクビになったり立場が悪くなったりするとしたら、その会社には用がない。
だって、やることやってるし結果も出してるもんね。
顧客や同僚と何かする(商談とか打ち合わせとか)約束は守るし、期日も守る。守れないものは正当な理由があるのできちんと説明する。

接客業でそんなことできないよって?
そりゃそうでしょ。
客と接すると書いて接客でしょ。
毎日決まった時間にお客さんにサービス提供するって約束してる仕事なんでしょ。

「結果」というのは、どれだけあなたが高い意識を持って働いたかを同僚や上司に見せることではない。
結果は結果だ。
目的がなければ結果はない。
あなた、なんのために会社にいるのか、その目的は会社と擦り合わせできてます?
会社で働くのだとしたら、自分と会社がどのような契約の元で協働しているか。
そこでしょ。
会社は自分にどんな結果を求めてるのか。

もしそれが明確でないとしたら、
会社はあなたに一体なにを求めてるのか。
あなたは会社に何を求めているのか。

もしかしたら、9時から17時までオフィスに居てくれることが一番大事で、そのためにお金を払ってるのかもね?僕には全く理解できないけど、そうとしか思えない会社もたくさんあるよね。
若い頃にいた会社の1つがそんな感じで、上司に「そうなんですか?」って聞いたら、無茶苦茶怒られたけどね。
怒るってことは、痛いところ突かれたんでしょうね。
そう思って、上司の上司に同じこと聞いたわけ。
そしたら、「林君の言いたいこと分かるけど、現場のみんなと合わせてうまくやってくれよ」だって。
なにをどう合わせたらいいのか分からなかったから、社長に突撃することにした。そしたら社長が時間取ってくれて、話すことができた。言っときますけど僕が特別だからではないですよ。顔も名前も覚えられてないレベルの平社員です。
そんで上記のようなことを話したら、
「話してくれてありがとう。現場は今そんな状況なんだね」と素直に聞いてくれる社長もいれば、そうでない社長もいるわけ。もちろん、社長レベルまでエスカレーションしなくても、途中で解決の道が見つかることもある。
聞いておしまいの人もいれば、対策を考えて実行する責任ある上司もいる。
でも何より大事なのは、問題意識を持った自分自身が、その問題だと思ったことを解決するかどうかだと思わない?
見て見ぬ振りするのってものすごい無責任、というか……いろんな人が信頼してくれた結果、自分はそこにいるんだから、その問題意識を持てているのが自分だけだとしたらなおさら、どうにかしなきゃ、その問題は闇に消えるよね。

でも会社ってさ、経営者が理念を持って創業・持続させてるもんだからさ、社長にまでぶつかって、それでも解決できなくて、理解してくれようともしなかったらもう、自分が辞めるしかないのよね。
問題だと思う、と全力で伝えて、相手がそれを理解した上で「問題ではない」というのならば、それはそういう組織なんです。

それを繰り返していって、結局のところ、自分の理念を通すためには自分で組織を作るしかないと知る。それが、組織を作るということだと思いますけどね。

飲み会とか内輪だけで愚痴って、チャレンジをせずに、自分というちっぽけな存在の中にある、さらにちっぽけな『常識』すら破れずに、勝手に会社にレッテルを貼って、
「会社で働きたくないから起業する」とかさあ。マジ失敗するからやめとけ。
あとね、「そんな勇気ないから僕は波風立てずに組織にいます」ってそりゃ、あなたが会社を騙して搾取してんだろ。
入社するときの面接で同じこと言って採用されたなら別として。

みんながチャレンジして生きてる社会。
そこで自分なりの等身大でチャレンジしなけりゃ、誰かの努力の上に乗っかって搾取しながら生きることになってることくらいわかりますよね〜。

シェアする

コメントを残す