Experience

多元宇宙におけるn=∞の体感は大脳皮質による理性的かつ記号的なバイナリ模倣では理解できないが、認識確定の機序を体現原理的な機序から理解すれば非認識による不確定を通じて体感することができる。体感そのものが理解であり頭脳で認識をあらわにすることを理解とは呼ばない。Bashar Goldの部屋とフィルムの例はこれをうまく表現している。

Hiro Hayashi

Share

コメントを残す