客観の参照

客観性を確保するための証拠探しは客観視のパラドックスである。

もし現実が意識から独立して存在するならば、論理的にその現実は無限の可能性を包含した、言語的表現が不可能な現実として存在する。

Ego cogito, ergo sum

René Descartes

現代哲学の制約として、形而上学と唯物論を分離するものこそがパラドックスの源泉である。パラドックスを意識したとき、根本を疑う必要がある。クオリアに映し出される概念的な世界観にメスを入れろということだ。