Day 43

当初、「最短で1週間」と言われていた出張ですが、日本を離れてはや43日目。
1週間で済むとは思っていなかったので問題ないんですが。(帰りの飛行機も90日間日付変更可能なOpenチケットだった)
今いちばん欲しいものは、爪切りです(笑) 持ってくるの忘れました。こんなに爪が伸びるほど滞在するとは思わなかったので。
ホテルで借りられるんでしょうが、他人が使った爪切りはイヤ。
明日、買いにいってこようと思います。

こっちで髪の毛もバッサリ切ってもらったし。
こちらのヘアサロン事情は、床屋さんをやっている実妹と義弟にレポートしようと思います。

今回は、取引先にホテル代を請求するのですが、とりあえずの支払いは自分で立て替えます。すぐに清算されて日本の講座に振り込まれますが。
とはいっても、カードの引き落としは毎月1回なので、そこまで利用額は累積しているわけで。
毎回ホテル代支払いのとき、クレジットカードの上限額にいってないかドキドキしますね。
ホテルの部屋代だけですでに60万円くらい使っていることになります。
自分の懐は痛んでないので、クレジットカードのポイントが貯まっておいしいです(笑)
そういえば飛行機も、マイルが貯まりますね。
しかし、わん子夫婦の我が家では、マイルが貯まってもあんまりうれしくない。
(マイルで家具とか日用品とかもらえればいいのに。もしかしてもらえるのかな?)

インドでのクレジットカード事情。
バックパッカーとして旅行しているなら別ですが、日本よりはるかに普及しています。
それなりの店で現金で支払おうとすると胡散臭そうな目で見られます……。
使えるカードは、高級店ならほぼ何でもOK。(VISA, AMEX, JCB, MasterCard, UC, Diners, etc.)
そこらへんのお店だと、VISAが最強。JCBはほぼ使えない。AMEXも使えることが多いですが、使おうとしたら「VISAのカードない?」と店員に聞かれたことがあります。
うーん、手数料がちがうのかな。
こないだSpencer PlazaのLandmarkという大きなCD/書籍/おもちゃなどを扱う店でAMEXを出したら、レジのカード読み取り機が認識しなくて奥でやってました。

そうそう、CDなんですが。
洋楽CDを1枚、タミル映画のサントラCDを1枚買いました。で、「うわ」と思ったのが:
洋楽CD(15曲入り): 395ルピー(1100円くらい)
インドCD(13曲入り): 75ルピー(200円くらい)
なんでしょうかこの差は……。
輸入盤、高いです。
ちなみに395ルピーの洋楽CDは安いほうで、通常は500ルピーくらいです。
でラインナップなんですが、なんか古いのがすごくたくさん並んでて、まるでブックオフみたいな中古CD屋の陳列をみているようでした。
395ルピーは悩みますよ。最新盤なら買いですが、古いCDなら日本で中古で買ったほうが安いし。
インド音楽の75ルピーは文句無く安いですね。

ついでにDVDものぞいてみました。
DVDとVCD(VideoCD)が半々です。VCDのほうが安いですが、映画の途中でCD交換するのがいやなのでDVDがいいです。
DVDの映画は、800ルピーくらいでした。

「ハヌマーン」というタイトルの子供向けアニメDVDがありました。
ハヌマーンは、「ラーマーヤナ」という古代インドの叙事詩にでてくる、神通力をもった猿のことです。(孫悟空のモデルとも言われている)
ほかのヒンドゥー教の神様とならんで、人気があります。
インドでは、ラーマーヤナや、それと並んで有名な「マハーバーラタ」という叙事詩の伝説を題材にした子供向けの漫画や絵本があります。
でもアニメまであるとは知りませんでした。
こうやって神様の名前を覚えていくのか……。
「音声:ヒンディー語 字幕:英語」だったので、次回Landmarkに行ったときに、買おうかなと思っています。

ラーマーヤナについては、以下のサイトで日本語であらすじが読めますよ。(勝手にリンク)
簡訳ラーマーヤナ
面白かったです。おすすめです。

Hiro Hayashi

Leave your comment