音節について

ご好評につき、また英語の話です(笑)

今回のテーマは「音節」です。

音節というのは、日本人はあんまり気にしませんね。なぜなら、日本語は一文字が一音節だからです。

「デスク」(机)という単語を例にしてみましょう。日本語では、

「デ-ス-ク」 と、3音節ですが、英語では、

「desk」、1音節です。ひと息で言う感じです。「デー」と発音しながら、最後に口を「sk」にするような感じ。

もうちょっと長い単語を例にしてみましょう。

「ホスピタル」(病院)。日本語では

「ホ-ス-ピ-タ-ル」と、5音節。英語では、

「hos-pi-tal」、3音節です。

「hos」は、「ホ」と言いながら最後に口を「s」にする。

「pi」は、普通に「ピ」ですね。

「tal」は、「タ」と言いながら最後に舌を上あごに。(「L」の発音は練習したことがある人が多いのでは?)

自分も昔は、カタカナで音節を切っていたので通じませんでした。

高校のときアメリカ人の友人に「シグナル」(4音節)と言って全然通じなくて、そこで指摘されたんです。

「uzzra、"si-gu-na-ru" じゃ通じないよ!signalは2回に分けて言うんだ」と。

si と g を分けてはいけないと言われ、その場で発音練習。

言われている意味がわかるまでちょっとかかりました(笑)

はい、シグナルは「sig-nal」です。「シ+g」と、「ナ+l」です。

和英辞典を引くと、きちんと音節が区切って書いてあります。

普段はあまり気にしない人も多いのでは?

暇なとき見てみると新しい発見があるかもしれませんよ。

さて音節ですが、実は文章を書くときにも関係があります。

日本語で改行するとき、禁則ってありますよね?

たとえば、「っ」のような小文字や句読点を行の最初に持ってきてはいけないとか、そういうやつです。

日本語の場合、特定の場合を除いて、単語が途中で切れても改行オッケーですが、英語の場合は長い単語などを途中で切って次の行にいく場合、この音節で切る必要があります。

たとえば、「persuasiveness」(説得力)という単語は、「per-sua-sive-ness」ですが、単語の途中で改行するなら

persua-

siveness

とか、

per-

suasiveness

になります。切ったあとに「-」(ハイフン)を入れます。そして、音節以外のところで切ってはいけません。

ただ、最近のワープロ(Wordとか)は勝手に均等割り付けとかしてくれるので、単語を切ることはあまりなくなりました。 

英語のうまい発音の味噌は、「音節」でした。 

『音節について』へのコメント

  1. 名前:toshikun 投稿日:2006/05/29(月) 19:26:43 ID:2d6a045c4 返信

    そ、そういうことだったのか!
    今まで辞書の音節の区切りなんて、全く気にしていなかったよーw
    勉強になりますー

  2. 名前:lacus 投稿日:2006/05/29(月) 19:51:42 ID:f0de51a2a 返信

    そっかー、私もシグナルって4音節。
    尊敬する松田聖子ちゃんの歌がいつまでたっても
    ネイティブっぽく無いわけはこれなのか?
    ところで説得力なんて、普通使わない単語知ってるなんて
    やっぱり仕事柄説得することが多いのねw
    帰国後はきっと説得力レベルがあがって、ほかのギルドの
    メンバーを・・・ってこともあったりw

  3. 名前:uzra 投稿日:2006/05/30(火) 01:16:44 ID:a90db1829 返信

    としくん>
    けっこう目からウロコでしょ?
    自分も最初知ったときは、なるほどー!って思ったよ。
    英会話とか英語の授業でよく、「th」は舌をかむようにとか、「f」「v」は下唇を噛むようにするとか、いろいろ言われるけど、そんなことより音節ですよ、ポイントは!
    音節しっかり守ってれば、発音ひどくても大抵通じるよ。

    らーちゃん>
    歌はいい例だね~。音符ひとつに1音節だからね。
    ラップみたいに早口でも、基本的に音符=音節。
    だからよく昔は、「日本語は同じ曲の長さでも表現できる量が少ない」って言われてました。
    それを最初に打ち破ったと言われているのがミスチルだね。
    ミスチルの歌い方はそういう意味でセンセーショナルだったわけだw
    音節を区切って書いてみようw

    look-in’ for love い-ま-た-ち-な-らぶ(ら+b)
    ま-ち-の-な-か-で-く-ち-ず-さ-む
    tick-et to ride あ-き-れ-る-く-らい(ら+i) き-み-へ-の-メ-ロ-ディー
    (CROSS ROADより)
    ちゃんと英語は音節で区切ってるし、日本語までつなげている。
    「名も無き詩」なんか、もっと激しいですね。
    詳しく言うと、「ん」や「っ」が単語の最後に使われる場合は、閉音節といってそれ自体は単独の音節ではないです。
    「うん」(1音節)
    「か-ばん」(2音節)
    ただし、強調して言う場合は「ん」も音節になる。「か・ば・ん!」ね。
    奥深いなあ。

  4. 名前:toshikun 投稿日:2006/05/31(水) 19:37:09 ID:297ab55d2 返信

    職場で自慢しちゃったw

  5. 名前:uzra 投稿日:2006/06/01(木) 14:07:06 ID:2a12eedf3 返信

    音節について自慢したの?w