ATOKその後

久々にATOKを使ってるって話を書いたけど、やっぱ凄いっす、ATOKは。
さすが、日本人が作った日本人のための最高峰の日本語入力システム。
EmbededなATOKにはよく出会うことが多いけど、原点であるPC版のATOKを使って、その進化具合にびっくりしてます。これはもう手放せない。

昔はIME(FEP)とソフトウェアの相性がどうのこうのとか言われていた時代もあったし、今も実際DirectXとIMEとか相性が出たりすることがあるみたいだけど、今のところとても快適に使ってます。

▼入力モードを切り替えると、カーソルの下に現在の入力モードが表示される

image

▼なんと予測変換付き。学習します。キーボードの高速入力と、携帯の便利さが合体。

image
ちなみに、あらかじめ登録されている予測語は無いみたい。
自分がよく使ってる文言が出てくるようになる。

もうすぐJustSuite 2009が発売されるけど(来年2月)、新しいATOKほしいなぁ。

Hiro Hayashi

Leave your comment