7つの社会的罪

Seven Social Sins(7つの社会的な罪)は、1925年3月20日にウェストミンスター寺院で行われたフレデリック・ルイス・ドナルドソンという英国国教会の司祭による説教で最初に発せられたリストです。彼はもともとそれを「7つの致命的な社会悪」と呼んでいました。モハンダス・カラムチャンド・ガンジー(マハトマ・ガンジー)が彼の暗殺の直前に1925年10月22日に週刊新聞ヤング・インディアで同じリストを発表したので、ガンジーがこのリストの創始者であったというのはよくある誤解です。

Seven Social Sins is a list that was first uttered in a sermon delivered in Westminster Abbey on March 20, 1925 by an Anglican priest named Frederick Lewis Donaldson. He originally referred to it as the “7 Deadly Social Evils”. It is a common misconception that Mohandas Karamchand Gandhi was the originator of this list as he published the same list in his weekly newspaper Young India on October 22, 1925. Later he gave this same list to his grandson, Arun Gandhi, written on a piece of paper on their final day together shortly before his assassination. The Seven Sins are:

https://en.wikipedia.org/wiki/Seven_Social_Sins
  1. Wealth without work.(労働なき富)
  2. Pleasure without conscience.(良心なき快楽)
  3. Knowledge without character.(人格なき学識)
  4. Commerce without morality.(道徳なき商業)
  5. Science without humanity.(人間性なき科学)
  6. Religion without sacrifice.(献身なき信仰)
  7. Politics without principle.(理念なき政治)

ガンジーが1925年10月22日に週刊新聞Young Indiaにリストを公開する前に、ほぼ同じリストが、フレドリック・ルイス・ドナルドソンによるウェストミンスター寺院での説教の内容として6ヶ月前にイギリスで出版されました。 ガンジーは、「公正な友人」と呼ばれる特派員がリストを送ったと書いています。リストの後に、ガンジーは「当然ながら友人は、これら(7つの社会的罪)を避けるためには、知性だけで知ることは望まず、心で知ることを望む」と書いた。 これは、ガンジーが最初に公開したときのリストに関するガンジー自身による解説でした。

最初の出版以来数十年のあいだ、このリストは広く引用され議論されてきました。

「理念なき政治」について、ガンジーは、行動を正当に指示するために真実のない政治を持っているとカオスを生み出し、最終的に暴力につながると述べました。ガンジーはこうした間違いを「受動的暴力(passive violence)」と呼び、「それは犯罪、反乱、戦争の積極的な暴力に拍車をかける」「私たちは平和を達成するために終末まで働くことができます。そして、私たちの世界で起きている受動的な暴力に目をつぶっている限りどこにもたどり着かないでしょう」と述べました。

政治は文字通り、「1つまたは複数の人がより大きなグループのために意思決定を行う能力を与える権力をめぐるあらゆるグループの闘争」と定義されています。

ガンジーは、「完全性の表現であり、私たちのような不完全な存在が完全性を実践できないとし、わたしたちは実際の妥協のあらゆる瞬間の限界を考案する」と原則を定義しました。

世界には治世の異なる多くの異なる種類の政権があります。 ガンジーの「原則のない失策政治」に基づいて、ある治世タイプは他の治世よりも多くの原則を持っているため、治世タイプは他の治世よりも暴力の根源になりえます。治世(政権)にはさまざまな種類の闘争や攻撃戦術があり、それぞれが異なる結果を望んでいます。

この違いは、世界中の国々で政治家がとる行動に影響します。 ガンジーは、「不正な法律はそれ自体が暴力の一種です」と書いています。 ある国の別の国への攻撃は、政府による不当な法律の創設に根ざしている可能性があります。 たとえば、非観念論における戦争は、民族浄化を促進する法律のために失われた領土を取り戻すためです。

ある国の原則は、別の国では簡単に犯罪になる可能性があります。 この違いは、暴力の根源が必然的に世界のどこかに存在すると信じる人を導きます。 「原則のない政治」は必然的に行われます。

“I object to violence because when it appears to do good, the good is only temporary; the evil it does is permanent.”

「私は暴力に反対します。なぜなら、それが善行に見えるとき、善は一時的なものになり、悪は永続的なものになるからです。」

Mohandas Karamchand Gandhi

このリストに、アルン・ガンジーは「責任なき権利」という8番目の失敗を追加しました。 アルン・ガンジーによると、最初の失敗の背後にある考え方は、ザミンダーリーの封建制度に由来しています。