午睡の覚醒

掃除して、洗濯して、洗い物をして、昼寝をしてて、ふと目が覚めたら、何かが降りてきた。

とてつもなくあったかいものが、予告もなく降りてきた。

その瞬間、僕はまた世界と繋がった。

そのあったかいものは、優しさと理解にあふれていた。僕はとてつもなく大きなものをひとつ、理解した。

怒涛のようなシンクロが、この世で保留中だった謎や疑問や迷いに次々と、神懸かりの答えを与えてくる。

様々なものがつながり、僕は僕をまたひとつ大きな視野のもとで、赦した。

幸せだった。

すべては正しい方向へと向かっていた。

人は愛し愛されて生きる。

それは、はかりしれないもので、

同じストーリーを何年か経ってから読み直したら、受け止めかたが変わっているように、

深く深く、底のない無限の旅なのだ。