あたらしいおしごと?

王様といちごでチョコレートケーキを食べていたら、電話がかかってきた。
馴染みのイタリア人のエージェントからだった。

「しばらく連絡してなかったね。まだEricssonでSolution Architectやってんの? フルタイムの仕事であなたにぴったりと思った仕事があるんだけど」

残念だけどフルタイムの仕事には応えられないことと、会社を起こしたことを伝えた。彼はとてもうれしそうに祝福してくれた。

「パートタイムのジョブなら興味ある?」

条件によってはあると伝えると、すぐにその担当から電話するよって言って電話を切った。

クロエさんという女性から電話がかかってきた。

僕は条件を伝えた。

  • 勤務時間や服務規程にうるさくない社風。
  • 会社とその取引先が、プラグマティックで合理的で、結果志向であること。あるいはそういう考え方で結果に責任をもつ自分の働き方を許容してパフォーマンスを発揮させてくれること。
  • 仕事内容にチャレンジがあり、実際に役立てる課題があり、立ち向かうべきミッションがあること。
  • 給与は実際まったくこだわりがないので、あげたいと思うだけくれればそれでいい。
  • もし交渉が難しいと思うなら、最初の面接までセットアップしてくれれば、僕が自分で会社にそういう話をして反応をみるよ。

彼女は僕の考え方に賛同してくれて、話を通してみると言ってくれた。

僕がその企業に興味をもったのは、HQがマレーシアにあるということ、レポート先が直接本社のポジションであること、情報セキュリティ企業であること、業界ではまあまあな歴史をもっているのに日本市場の開拓がまだまだ未熟であること。これは僕が役立てるチャンスにあふれているかもしれない。

ちょっくら出稼ぎしてさ、返すもん返しちゃおうかっていうつもりに最近なってきてるんだ。

まじめにフルタイムやれば1年もかからずにスッキリ片付きそうだけど、やっぱりQ3を起こしてしまった以上、そちらのバランスを維持するためにはフルでどっぷりじゃないほうがいいかも。少し物足りないくらいの環境で全力出すくらいがちょうどよさそうだなって。

いま請けている仕事も続けながらやれるかもしれない。

自分が求めている環境は自分で交渉して獲得していけばいい。エージェントは僕の味方なんだから。