一手も緩まぬ

昨年は師走に合わせて怒涛のように物事が収束し、予定調和へと落ち着いた。
大波が繰り返し岸壁に打ち寄せ白波を立て、水鏡のような凪を得る。
打ち直された刃の切っ先は空を断たんばかりに尖っている。

終わりの始まりは、始まりの終わり。

遊心あり、此処に焦点極まらむ。

ショータイムのはじまり。