道・煉瓦造りの家

道。

まっすぐな道。曲がりくねった道。坂のある道。海の見える道。

目を瞑ると、見えてくる。立体的に絡み合った無数の道が、すれ違い、交差し、ひとつの大きな形をつくっている美しい姿が。

陽の当たる道。闇に輝く道。見えない道。狭い道。広い道。

わたしたちは道を進む。

カオスは無秩序ではない。究極の秩序がある。


壁。煉瓦造りの壁。テラスの白いペンキはところどころが剥がれ、風に揺れている。

軒下に吊り下げられたドライフラワーの束。

可愛らしい大きさの芝生の庭には、錆びたブランコが揺れている。

森。木漏れ陽。

地面から湧いてくる湿気は、むせ返るような緑の柔らかい刺激。

家の陰には、霜柱。

乗り捨てられた茶色い自転車。

見える景色はモノクロなのに、どうして色がわかるんだろう。

僕は確かにここにいた。