Memory

記憶の書き換えを訂正するために必要なことは、記憶の再生を繰り返すことではない。記憶が繰り返して再生されることにより、視点と前提条件が固着する傾向がある。 大事なことは忘れたと思っていても残っている。おそらく人は、残す記憶となくす記憶を意識下でコントロールすることができない。海馬が何を長期記憶として選...

READ MORE Memory

Chaos

漆黒の空にかろうじて見える、千切れ千切れに渦巻く雲。 暴風が吹き荒れる中、唯一の光源である月はその姿を気まぐれに見せたり隠したりしている。 闇の下に、永遠に広がるカオスの海。 どこまで深いのか、どこまで広がるのか、果たして陸地があるのか。 わずかに月光を照り返す水面からは、荒れ狂う波がぶつかり合う様...

READ MORE Chaos

クレジットカードを持たずに現代を生きるメリット

必要は発明の母。 クレジットカードに関する、ここ数年間の個人的な流れ 会社を辞めて自由になり、好き勝手にやりたいことを始めた代償として、ひとつまたひとつと、持っていたクレジットカードの支払いが滞り、去年だか一昨年だかに、すべて失いました。 いま思えば、これは通過儀礼みたいなもの。 そりゃ当然の話で、...

READ MORE クレジットカードを持たずに現代を生きるメリット

東の果て

あの夏、僕は確かに何かをつかみかけていた。 一体あの感覚はどこへ行ってしまったのだろう。 近頃ずっと、東へ向かう列車のYouTubeを再生してた。 眠ってる間ずっと、列車は進行してた。 早朝に目覚めて、今日に決めた。 あの街へ行く日。 途中でカフェを見つけ、朝の仕事を済ませる。 そしてまた、ひたすら...

READ MORE 東の果て

回り、つながる

更新が滞り気味ですが、現在いろんなことに集中する時期で、人付き合いも最低限にしてます。 現在頭の中にあることのうち、すでに進行しているもの、準備が進んでいるもの、具体化してきているものを整理しました。 ここまでくると、具体的に何をしたらよいか落とし込みが容易です。 個人事業(1) 案件情報: 某社 ...

READ MORE 回り、つながる

続き

川の流れのように変わって行く人と人の関係性。そんな中で決して切れない関係だけが必然として残っていく。 永遠など存在しないと認め、求めることの不条理を受け入れ、全て解放した時にこそ、砂漠に咲く一輪の花のように、美しいものを見つける。 そんなことを繰り返してきたからこそ、僕はいま心から通じ合える人たちと...

READ MORE 続き

慈悲

友達の定義についてまさか書くことになろうとは思わなかった。 僕にとって友達とか家族とかパートナーといった『関係性を示す言葉』はあまり意味がない。 お互いの存在を尊重し合えるかどうかが大事だ。 友達であり続けることに何か条件があるのだとしたら、それは僕にとって友達とは言えない。 仕事仲間って呼び方も好...

READ MORE 慈悲

サトヤ

仕事の合間、喫茶店へ。 五反田TOCの地下にある『サトヤ』。 久しぶりに来た。 老夫婦が経営しているこの店は、ご主人が大好きなジャズの名盤が流れ、奥様の趣味の写真が店内に飾られている。奥様は山の写真が好きで、フィルムカメラで自然の風景を美しく撮る。素人レベルの仕事ではない。本人曰く、光と陰、だそうだ...

READ MORE サトヤ

悲しいことはもうたくさん

長袖を羽織り、宇多田ヒカルのアルバムを聴きながらバイクでひたすら走る。 コンビニで休憩。Play A Love Songが流れる。 町の優しいひととき。 ここしばらく、あることが気になって調べ物をしてたらいつのまにか日航機123便墜落事故について調べてた。 大人にならないとわからないこともたくさんあ...

READ MORE 悲しいことはもうたくさん