文庫カバーと手帳のリフィル

久しぶりにららぽーとへ行ったついでに、東急ハンズへいってきました。
週末はやっぱり混むなぁ。

ところでかみさんは僕が欲しがりそうなものを見つけるのが得意で、今日もいろいろ見つけてきました。なかでも気に入ったのが、藍染めのブックカバー(文庫サイズ)。

とんぼがたくさん。
imageimage
Amazonでプレゼントされた合皮の文庫カバー(でっかく Amazon.co.jp って書いてある)をずっと使ってて、まあそれも結構気に入ってたんだけど、和風の織物デザインに惚れちゃった。

それから、携帯ストラップ。

image

Shiftキーw
背面は、携帯電話の液晶画面を拭くための素材になってる。かみさんは黒いCtrlキーを買いました。いろいろあって面白いのな。
image

手帳のリフィル。罫線のあるノートタイプと、方眼タイプと、名刺入れ。
ちなみに使ってる手帳はフランクリン・プランナーです。
image
今までいろんな手帳使ってきたけど、これ、一番長く使ってる。
明らかに便利というわけでもないんだけど、おそらく自己満足と、投資を回収しなければならないという使命感。

この啓発本に書いてあることを実践しようとしたらこの手帳を使わなければならない、というわけでもない。ミッション・ステートメントとか価値観とかいろいろ書けるようにはなっているんだけど、そのへんは空白のまま普通の手帳として使ってる。
分厚い手帳を持ってると、仕事のできる人に見えるかもしれないからね!

しかしとにかく、このフランクリン・プランナーという手帳には様々なサイズやリフィルの種類があって、ありとあらゆるものが結構高い。リフィルだけで数千円する。

というわけで近いうちにやめたいなあ。でもペンや鉛筆で上質な紙に書き込むという行為は気持ちがいい。

Hiro Hayashi

フィードバックはありません

  1. いや、Ctrlじゃなくて、Escだから。
    とんずらしたいから。ヾ(´ー`)ノ

  2. おおーブックカバーなかなかいいねー。

    ブックカバーつけてるとさ、本を持ち歩くようになるから、読む機会が増えるよね。w

    紙のブックカバーだと持ち歩きたくないもの。

  3. 紙じゃないブックカバーだと、文庫本の手触りも変わっていいよね。
    あと通勤が電車なので、ブックカバーは必須なのですよ。

    もひとつ利点は、本屋で本を買ったときに「カバーどうしますか?」「いりません」と言えること。カバーつけてもらわないほうが早く会計が済むし。
    古本屋だとそもそもブックカバーつけてくれないしねw

  4. 今更ここにコメントつけるのも何だけど、ららぽって改装中だよね?2かな。HP見たけど服飾のブランドばっかでつまらんね。
    俺、ミニクロワッサン好きで、行くといつも買うんだけど、並んでると、他の人がどのくらい買っているか聞こえちゃうし見えちゃうじゃん?
    だいたい、200グラムとか多くても500グラムの人が多いんだけど、俺は普通の1キロ、チョコ1キロで、と小さな声で言うんだけど、店員が繰り返すんだよね。
    「それぞれ1キロ、合計2キロでよろしかったですね!!」って。
    しかも袋詰めも一個一個いれるからパカパカせわしなく、結構時間かかる。
    ふと振り返ると、後ろに並んでいる人と私の目が合うのは恥ずかしいw

  5. ちょ!!
    わいちゃん買いすぎだからっ!!w
    2キロもミニクロワッサンどうやって食べるの。w
    すげーなー。
    ウチもアレ好きで買うけどさー、10個づつとかだよ。w

  6. そうそう、ららぽーと2は、映画館とか一部の施設以外は工事中だよん。
    うちは服のブランドとかあんまし気にしないからさー、ほんと今つまんないんだよねw

    ドンクのミニクロワッサンおいしいよね(´▽`)
    でも2キロは買いすぎだろう!何人家族だよw
    うちは200グラムとか400グラムとかずつ買うよ~。
    (ミニチーズケーキがおいしい。たまにミニメロンパンも買うよ)

  7. ちょっと!!
    ママが「10個づつ」とか書いてるのに、なんで200グラムとか400グラムになってんのよ!w

    グラムだとどれくらいかわかんないから個数にしてるじゃん。ヽ(`Д´)ノ

Leave your comment