DTM環境を再構成してみた

DTMしている皆さんこんにちは。唐突ですがMIDIキーボードはどこに置いてます?

音楽制作環境のメインがRetina MacBookになったので、いい機会だから作曲しやすい環境をつくるために機材を並べなおしてみたんだけど、これがまたいろいろと悩む。

MIDI鍵盤とコントローラーの位置

IMG_0108

ステップ入力用に使用しているLPK25はマウスの奥にした。これならマウスからちょっと手を動かすだけですぐに入力できる。ほんとはMacのキーボードとモニターの間に61鍵くらいの鍵盤を置きたいんだけど、ご覧の通りMacBookではそれができない。25鍵だったら左手を使うこともないからこれでいいかな。

ミキサー、コントローラー、セカンダリMac

IMG_0107

メインのMacの左側に、オーディオインタフェースを兼ねたベリンガーのミキサーとnocturnを配置した。nocturnはツマミの配置が直感的じゃなくて個人的には使いにくい。他の製品に変えたいところだ。alphatrackがオシャカになったのが痛い。

13インチMacはDJやライブで使えるアプリが入ってて、別のオーディオインタフェースからミキサーに繋いでいる。普段はこいつを直接操作することはあまりなくて、メインのMacから画面共有を経由してリモート操作。

その他キーボードの位置

IMG_0109

デスクの左を向いたらすぐ弾けるようにしたんだけど、これがまた悩む。ほとんどMIDIレコーディング(リアルタイム入力)用として使用しているのでエレピとシンセとドラムパッドを3段重ねにしたらとても効率が良くなったんだけど、DAWの操作系と離れてしまったせいでステップ入力用としては使えなくなってしまった。25鍵だとステップ入力用としてちょっと不足感があるので大きめの鍵盤をひとつMacの手前に置きたいんだけど、デスクの上に置くには大きすぎるしデスクの下に置くとモニターが遠くなってしまうのでどうしよう。

アナログミキサー、その他ハードウェア音源は退役。小室哲哉みたいにゴテゴテとラックマウントするのがカッコイイと思う世代だけど、時代の流れには逆らえません。ジャンクで二束三文で売ってる機材が多いなか、喉から手が出るほど欲しいハード音源やデジタルシンセは場所をとるので追加するのは難しいなー。アナログシンセは欲しいけど。スッキリしてるのも悪くないけどね。

いま作ってる曲はニコニコ動画で公開します。市場に媚びてIAたん使ってるよ。

Hiro Hayashi

Leave your comment