箱根珍道中 〜飛んだフリーパス〜

紅葉を見ようと突然母に誘われて、箱根まで一泊旅行に行ってきました。
いつも母と出かけるときは100%僕が誘われる側なのですが、今回も。
母と旅行するといつも何かが起きます。

  • 話題が深掘りされていき、ケンカする
  • 何かしら笑えるアクシデントがある
  • 引き寄せとしか言えないような出会いや気付きがある

こんなことが面白いので、誘われるとだいたい断りません。

誰にだってお誘いいただくのは、とても嬉しいことです。
だって僕がいないときに、僕のことを思い出してくれているってことだから。
超シンプル。それだけで行く理由になるのです。

さて、今回の旅もめちゃめちゃ面白いことがたくさんあったのですが、
中でも笑える「飛んだフリーパス」のお話をしようと思います。

箱根フリーパスが霧の彼方に……

箱根ロープウェイがいつ運休になるか分からないほど強い風でした。
おそらくあんなに揺れるエキサイティングな箱根ロープウェイには、そうそう乗れないかと思います。
周囲は霧で、10メートル先は全く見えない。
ロープウェイの同乗者たちも、揺れるたびに悲鳴をあげるほどでした。
早雲山から大涌谷に向かって進み、最後の尾根を越えると、大涌谷の火口が眼下に広がるとても高度のある空間を抜けます。その尾根を越えた瞬間、ロープウェイのゴンドラが大揺れ!!

みんなでギャーギャー騒ぎながらも、無事に到着したのでした。
しかし!降り立った大涌谷は、駅舎から出ると一面、真っ白の世界!!!

どこからどこまで霧なのか硫黄の煙なのかまったくわからないし、周囲の建物もうっすらと霞のむこうに見えるか見えないか。

みなさん暴風に煽られ、ここでもまたギャーギャー騒ぎながら歩いてました(笑)

こんな面白いシーンは滅多にないから撮影しておこうと、ポケットからスマホを取り出したその瞬間……。

箱根フリーパスがー、ポケットから飛び出した!!!

ギャー!!!まってくれ!!!

それがないと困る!!!

必死にに追いかける、僕。
横で叫ぶ、母。

おにぎりコロコロのように風に煽られて飛んでいくチケットを追う僕。
あと30センチで崖にいってしまう!と思ったそのとき。
チケットが、雑草に引っかかった!
なぜか引っかかった!!
たった1本の、地面から生えてる枯れ草に引っかかり、ヤジロベーのように揺れてる!

そりゃもう全力で飛びつきましたよ。
なんとかセーフ!!!

ほんとにすごい風だったんですよ。奇跡的に取り戻せました。

一件落着……。

かと思ったのですが。

大涌谷名物の黒たまごを食べて、たいへん満足したところで外に出たら、
さらに強い暴風に!!

なんじゃこりゃー!

と思ったその瞬間、母の叫び声が。

母のウインドブレーカーのポケットに入っていたフリーパスが、飛んでいってしまったと!!
立入禁止の区域に。

監視員のおじさんに話したら、入っていいよと言われまして。
おじさんも手伝ってくれまして。

立ち入り禁止区域でチケットを探すふたりの男w

しかし残念ながらチケットは見つからず、断念。
おそらく、硫黄で真っ黄色なあの火口のほうへ飛んでいったのでしょう。

その後、大涌谷駅のチケットカウンターに相談したんです。
領収書もあるし、僕のチケットもあるし、一緒に買った帰りの特急券も2人分あるし。
領収書には発行枚数もきちんと書いてあるし、なんとかならんかなと。

しかし、カウンターのおじさんに2秒で無碍に断られてしまい、不注意とはいえ、釈然としないまま、ホテルのある隣の姥子駅まで切符を買うことに。

しかしなんだかスッキリしないので、姥子駅のカウンターで再び相談してみたんです。
そしたらなんとそこの若い駅員さんが本部(?)に電話確認してくれまして。
姥子までのチケットを払い戻してくれたうえに、小田原〜箱根区間のフリーパス再発行の手続きまでしてくれたのです。

チケット再発行は桃源台でできるということで、翌日スムーズに話が通るように関係者に連絡してくれて、「この名刺を見せれば大丈夫なようにしておきました」といって名刺をくださいました。
めっちゃ男前!素敵!

翌日、姥子のホテルを出てロープウェイ乗り場に行くと、それはもう完璧な対応で改札を通していただきました。
そして到着した桃源台駅で乗降エスコートしてくれたのは、昨日姥子駅で男前対応してくれたお兄さん!笑顔で挨拶して、お礼を言うことができました。
桃源台のカウンターでも名刺を見せたらスムーズにチケットを出してくださいました。
本当にありがとうございます。

再発行されたフリーパスは、帰りの小田急線(小田原〜新宿)の乗車券が含まれていませんので、その分は自腹ということになりましたが、それこそ自分で紛失してしまったのだから、仕方がないです。

一度ダメだと言われても、めげずに相談してみるもんです。

念のため書いておきますけど、我々、高圧的な態度は一切とってません。クレーマーとしてではなく、きちんと箱根ロープウェイさん・箱根登山鉄道さんの善意で対処していただけたということを記しておきます。感謝します。

行程記録

1日目

  • 新宿〜箱根湯本(小田急ロマンスカー)
  • 箱根湯本〜彫刻の森(箱根登山鉄道)
  • 彫刻の森美術館
  • 彫刻の森〜強羅(箱根登山鉄道)
  • 強羅〜公園上(箱根登山ケーブルカー)
  • 箱根美術館
  • 強羅公園
  • 公園上〜早雲山(箱根登山ケーブルカー)
  • 早雲山〜大涌谷(箱根ロープウェイ)
  • 大涌谷
  • 大涌谷〜姥子(箱根ロープウェイ)
  • ホテルグリーンプラザ箱根

2日目

  • 姥子〜桃源台(箱根ロープウェイ)
  • 桃源台〜大涌谷(箱根ロープウェイ)
  • 大涌谷(2回目)
  • 大涌谷〜桃源台(箱根ロープウェイ)
  • 桃源台〜仙石高原(箱根登山バス)
  • 仙石原
  • 仙石高原〜桃源台(箱根登山バス)
  • 桃源台港〜元箱根港(箱根海賊船)
  • 元箱根
  • 元箱根港〜箱根神社(タクシー)
  • 箱根神社・九頭龍神社
  • 箱根神社〜元箱根港(徒歩)
  • 元箱根港〜箱根湯本(箱根登山バス)
  • 箱根湯本
  • 箱根湯本〜新宿(小田急ロマンスカー)

コメントを残す