まる

Makiさんちの、まるの絵。

鉛筆画は誰にも教わったことがないから、描き方がふつうじゃないとよく言われます。右耳から描き始め。

着手した時に完成イメージはあまりなくて、なんとなく入れたいところに鉛筆を入れていく感じです。

グリーンの瞳がとても綺麗な子なので、うまくそれを表現したい。

薄い色であたりをつける時にも、毛並みの向きを意識して鉛筆を動かす。

白く見えるところも色がある。

ここまで来てようやく下地ができたくらいの感覚です。

ここからさらに濃淡のメリハリを付けていきます。

完成したらまた載せます。

Hiro Hayashi

Leave your comment