ルールのふたつの顔

友人とルールについて話をした。

ルールという言葉でまとめられてしまっている複数の意味合いがあるよね、と。

協定とお節介。

あくまで互いの自由を尊重した上で作られたルールを協定と呼ぶことができる。

例えばスポーツのルール。

一方で、押し付けのルールはまだ起きていないリスクに対する恐怖を基にしている。

自動車の速度制限。公園のペット禁止。

『〜しなさい』(must)

『〜してはいけない』(must not)

『お互いの合意で決められた』協定をルールと呼ぶのならば、『一方的に押し付けられたもの』はレール(rail)と呼んではどうだろうか。

Hiro Hayashi

Leave your comment