Alpha and Omega

かくして、心に残ったものは

何も映し出さないひとつの純粋な透明。

炎は他者の夢であった。

深い森と思わしき闇の先には何もない。

遠き輝きは全てわたしが関わるべきものではなかった。

欲というものが、よくわからなくなる。

引力のような、磁力のような

惹きつけるもの。

それを愛と呼ぶのであれば

わたしはそれを与えると思い込んで得てきたのか

求めることで与えてきたのか。

輝く光の元にわたしの輪郭がある。

そこにぴったりと当てはまる、場所がある。

それは片割れとの邂逅。

光と闇の調和。

すべてのおわりで、すべてのはじまり。

Hiro Hayashi

Leave your comment