東の果て

あの夏、僕は確かに何かをつかみかけていた。

一体あの感覚はどこへ行ってしまったのだろう。


近頃ずっと、東へ向かう列車のYouTubeを再生してた。

眠ってる間ずっと、列車は進行してた。

早朝に目覚めて、今日に決めた。

あの街へ行く日。


途中でカフェを見つけ、朝の仕事を済ませる。

そしてまた、ひたすら東へと走る。

にゃーちゃんと再会した思い出の場所

君ケ浜。

ニャース、久しぶり。

やっと会いに来ることができたよ。

ニャースとの出会いと別れの場所

つい昨年のこと

つい数年前のこと

それらが、まるで別の人生のことのように、はるか昔に思える。

僕は確かに、あの時もここにいた。

別のあの時も。そしてあの時も。

銚子の道を覚えてる。

確かに僕の記憶だ。

かつてここにいたのは僕だ。

あの時の感覚が、溢れるように蘇る。

目頭が熱くなる。

とてもとても、遠い場所まで来てしまった感覚。

激動の40代。

思い返せば、30代も、20代も、激動。

たまにはセンチメンタルにもなるさ。

会いたい人に会えないのはつらい。

正直に生きているつもりでも、会いたいのに会えない人が、人生には次々とやってくる。

この世にもういない人。

この世にいるのに会えない人。

後悔はしたくない。

死んだらもう会えないんだから、生きているうちに会いたい人がたくさんいる。

けれど会えない?

生きることって、いつも難しい。

とっても難しい。

荒波の中でサーフィンをしているようだ。

なんども溺れかける。


今ある幸せを数えても数えても

決して満たされないものがある。

前に向かって走ることは、決してその代償にはならないが、

走っていれば必ずまたいい日がやってくると

信じなきゃ、やってらんない。

Hiro Hayashi

Leave your comment