お台場~自由が丘~神宮前

お台場

ペットシティなど。
毛が伸び放題の陸斗☆。何度も
「この子何て種類の犬ですかー?かわいい!」
と言われた。やっぱりりっくんはボサボサのほうがかわいいんだな。
それからりっくんは、イングリッシュシープドッグの子供と間違われた。
やはり4匹連れて歩くと目立つからちょっと恥ずかしい。
微妙な距離で「わんこかわいい~」とか言われていると、リアクションに困る。犬を見てかわいいと言っているので、買い主が笑顔で対応するのもちょっと変だし、だからといって無視するのもなんかイヤな奴っぽい。
まあとにかく、うちのを連れ出すたびに、犬好きに悪い人はいないと再認識するのだった。

自由が丘



んこが4匹もいると、電車での移動はまず考えにくい。1匹ですら気を使いまくるのだ。すると移動は車になる。車で犬と楽しめる場所に行くとなると、23区

内の特に西側はあまりよい候補ではない。たとえば代官山、表参道、自由が丘、六本木ヒルズなどは、お洒落なドッグカフェや犬関係の店が増えたけど、どうせ

車で移動するなら都心から離れた広いドッグランのほうがのびのび楽しめる。
そうは言っても、自由が丘は犬関係で有名になってから行っていないの

で、どうなったのか見たくて行って見た次第である。祖父の家から近く、土地勘があるからとなめてかかって、事前に何も調べずに行ったのだが、もう辺りが暗

くなっていたせいもあって何軒かの店を見つけただけで終わってしまった。自由が丘の駅前は相変わらず狭く、ごみごみとしていて、やっぱり車で来るには面倒

な場所だった。どこかに犬と歩きやすい、いい場所があるんだろうか。また近いうちにちゃんと調べてこよう。

神宮前

勤務先のそばに、bio ojiyan という名前の、犬と入れる「おじや」のおいしい店がある。
もう夜の9時をまわっていたので、犬と入れて遅くまでやっているところを探してここへ。


事はとってもおいしかったが、店に入るドアまで3段ほどの急で幅の狭い木の階段があり、しかも1段の高さが高く(りっくんでも登れない)、上がり切ったと

ころに、手前に開くドアがあって(空ける人はドアを避けるために一旦1段くらい下がる必要がある)、それが昔ながらのドアノブ(丸くて取っ掛かりがないや

つ)を回さないと開かない(両手に抱っこしながらだと開けるのは至難の技)ので、犬連れは(1匹ならいいが)店に入るのが大変だ。挙句の果てには、そのド

アの自然に閉まろうとする力が弱く、風の強い日だったので、ドアを閉めるためにドアを追っかけなければならなかった。
繰り返しますが、食べ物はおいしかったです。食べたのはおじやと豚肉の生姜焼き定食。

Hiro Hayashi

Leave your comment